町田の弁護士 多摩・相模法律事務所

小田急線町田駅徒歩1分 TEL:042-860-6457
 
  新型コロナウイルス感染症対策を実施しています>>対策の詳細

企業法務

 
 
 
 
 
 
 

 ビジネスにおいて直面する法的問題や回避すべき法的リスクは、業種や事業規模ひいては各企業などによってさまざまです。多摩・相模法律事務所では、弁護士がお客様それぞれの事業に関して詳細にうかがい、関係法令の検討や費用対効果、各法的手段の選択などについて、柔軟に判断・対応します。

各種契約書作成・チェック

  • ポイント

  •  
        • 事業内容や契約内容そのものだけでなく、起こりうる事象を広く予見することが重要です。
        • 法が張り巡らされた今日では、契約書の文言ひとつで適用される法律が変わり、想定外のトラブルが発生する場合があります。
        • 信用できる取引先が作成した契約書でも、契約内容を吟味し理解する必要があります。
        • 古くからの付き合い同士でも、内容をしっかり理解した書面を作成しておくことが、お互いのためになる場合もあります。
  •  
  • 弁護士を利用するメリット 

  •  
        • 契約の内容について、正しい理解ができます。
        • トラブルの防止・軽減により事業の円滑化が図れます。
        • 取引先に対する債権回収の不能防止や回収方法の確保などができ、取引先の経営悪化による影響を軽減できます。
        • 交渉方法の助言による契約上の地位の優位性が確保できます。
        • 下請法や独占禁止法・消費者契約法など厳格な法規への対策が、無駄なく適正にできます。
  •  
  • 当法律事務所の強み

  •  
        • 弁護士の高度なコミュニケーション能力とビジネス感覚で、よりトラブルの生じない契約書に仕上げます。
        • 契約内容だけではなく、交渉力や取引上の地位や理想の取引関係に応じて、契約成立に至るまでの交渉方法など、総合的な助言を行います。
        • お客様の顧問弁護士が作成・チェックした契約書に対するセカンドオピニオンも行います。
        • 契約の相手方と一緒に内容を検討して作成することもできます。

人事・労務(賃金請求・解雇・セクハラ・パワハラなど)問題

  • ポイント

  

        • 雇用契約書や就業規則・賃金規則などは、会社の経営環境に合わせて、適宜見直すことが重要です
        • 解雇やリストラに伴う人員の見直しなどよるトラブルは、残った従業員の志気にも関わるので、未然に防止するという視点で対策を講じるべきです
        • 解雇が適法だと判断されるには、正当な理由の他に、解雇に至る経緯も判断材料となるので、利益が相反する当事者では、判断が困難なケースもあります
        • セクハラやパワハラの問題は、事業主だけでなく、従業員の意識の問題でもあります

 

  • 弁護士を利用するメリット

  

        • 労務人事に関するトラブルが軽減できます
        • 人事労務諸規定の整備・充実による従業員の志気向上を図ることができます
        • 第三者の視点からさまざまな助言を受けることができます
        • 労使交渉における交渉方法の助言により、優位性が確保されます
        • セクハラやパワハラに関する知識や意識を向上させることができます
        • 未払い残業代の請求や不当解雇などに関する訴訟を代理させることで、適正に対応できるとともに、本来の事業に集中できます

 

  • 当法律事務所の強み

 

        • 弁護士の優れたビジネス感覚やコミュニケーション能力により、お客様の経営状況や内部状況を把握し、最善の就業規則・賃金規則等人事諸規定を柔軟に作成・改編することができます
        • 強い交渉力により労使交渉での優位性をより確保することができます
        • セクハラ冤罪の諸問題に関しては、トップクラスの対応・助言が可能です

債権回収(売掛金、貸金返還、請負代金など)

  • ポイント

  •  
        • まず、回収が可能なのか、回収できるとすればどの程度になりそうか、という見極めが重要です。
        • 取引先の経営が悪化している状況の中では、早期対応が結果を大きく左右します。
        • 早期対応とともに、交渉や裁判・仮差し押さえなど、状況に応じた適正な手段を選択しなければなりません。
        • 取引先が破産や再生手続きを採った場合でも、手続きに則って、一定の額が返還される場合があります。
  •  
  • 弁護士を利用するメリット

  •  
        • 回収の可否について、適正に見極めることができ、資金繰り計画を立てやすくなります。
        • 回収率の上昇や取りはぐれの防止が期待できます。
        • 時間との勝負の中で、無駄なく適正な手段が選択できます。
        • 早期回収により、資金繰りへの影響を減少させることができます。
        • 本来の事業に集中できます。
  •  
  • 当法律事務所の強み

  •  
        • 弁護士の強い交渉力により回収率が上昇します。
        • 迅速な対応により取りはぐれの可能性が減少します。
        • お客様の財務状況(資金繰り)に応じて、手段やその順序が柔軟に選択できます。

不動産(明渡し・売買・賃貸借・瑕疵・近隣トラブルなど)問題

  • ポイント

  •  
        • 土地建物の明け渡し請求は、信頼関係が破壊されていることが必要なので、現状をしっかりと要件に照らし合わせる必要があります
        • 明け渡しの強制執行の際は、所有権の帰属など、配慮すべき点が多々存在します
        • 古くから付き合いのある借り主や、今後も関係が続く隣人とのトラブルは、穏便に解決できることが重要です
  •  
  • 弁護士を利用するメリット

  •  
        • 弁護士に交渉等を代理させることにより、時間や心身の負担が軽減されます
        • 立退料・欠陥の補修の範囲や賠償額が大きく変わる可能性があります
  •  
  • 当法律事務所の強み

  •  
        • 強いだけではなく、相手方との関係に応じた柔軟な交渉で、よりよい結果を実現します

法律審査(法的観点からの業務審査)

 法的リスクの発生を未然に防止するために、現在の業務を棚卸しし、各業務工程の中に、法的リスクを軽減するためのひと手間を提案し、業務の全体最適度を高められるよう助言をします。
 

  • ポイント

  •  
        • 法的リスクや裁判上でのリスクを回避するために、どのような業務を加え、または、どのように変更するべきかを提案します
        • 各関係者(取引先・従業員・顧客・第三者等)と、法的にどのような関係にあるかを理解することにより、業務や資源分配の効率性を高めることができます
        • 法律審査における業務の棚卸しをきっかけとして、業務工程の見直しを行うことにより、業務の効率性を高めることができます
  •  
  • 当法律事務所の強み

  •  
        • 各関係者への対応や業務の付加や変更について、法的な視点に限らず、ビジネス上の関係性や効率性を考慮した現実的な助言をします

法律顧問

ポイント

 

      • 弁護士の能力や人間性もさまざまです。いざというときに、本当に優れた弁護士を探し出せるかは、至難の技といえます。
      • 法律に直接関係することだけでなく、重要な交渉やクレーム対応にも、弁護士は活用できます。
      • 法務部門を新たに設置するよりも、コストを抑えつつより高い専門性を保持できます。
      • コンプライアンスや企業統治について改めて意識が高まっている今般においては、金融機関や取引先も、企業に対する疑心が深まっています。

 

当法律事務所の強み

 

      • 通常の費用報酬よりも割安で各サービスをご利用いただけます。
      • 役員・従業員の方からのご相談や社内勉強会も無料で承りますので、福利厚生の一環などとしても活用いただけます。
      • 法律の制定や改正に伴うビジネスチャンスをともに検討します。