多摩・相模法律事務所
 
受付時間 9:30〜20:00
(土日は17:00まで)
TEL:042−860−6457

不動産問題(家賃滞納・建物明け渡し・近隣トラブルなど)

 土地や建物明け渡しの問題は、父母や祖父母の代から土地や建物を貸しているなど、賃借人との付き合いが長い場合が多く、地代や家賃などの賃料を一定期間滞納していても、なかなか思い切って請求することができない場合が多く見受けられます。また、現時点で金銭的に不自由がないということで請求していない場合もあるようです。
 しかし、そのままにしていると、黙示に契約が更新されてしまい、いざ契約解除ができない場合もあります。地代や家賃などの賃料滞納が発生した場合は、早めに弁護士などの専門家に相談し、今後の見通しと対策のめどを付けておいたほうがよいでしょう。
 また、近隣トラブルは、相手方との関係性や性質に応じて柔軟に対応する必要があります。

・ポイント
 

      • 土地建物の明け渡し請求は、信頼関係が破壊されていることが必要なので、現状をしっかりと要件に照らし合わせる必要があります。
      • 古くから付き合いのある借り主や、今後も関係が続く隣人とのトラブルは、穏便に解決できることが重要です。

 
・弁護士を利用するメリット
 

      • 弁護士に交渉等を代理させることにより、時間や心身の負担が軽減されます。
      • 欠陥の補修の範囲や賠償額が大きく変わる可能性があります。

 
・当事務所の強み
 

      • 強いだけではなく、相手方との関係に応じた柔軟な交渉で、よりよい結果を実現します。